MENU

介護リフォームのポイント

介護リフォーム申込

家族の中に要介護者が居る場合は、リフォームを施す事で慣れ親しんでいる既存の住宅で不便無く暮らし続ける事が可能になりますが、実は当人のみならずサポートしてあげる側にとってもリフォームによる恩恵が授かれます。

特に手すりは介護を目的としたリフォームの場合必須な設備であり、理由は女性が男性を介護するといった事例では、身長や体重の差異により対象者を上手に支えられない事があるためです。
当然当事者にとっても常に身体が支えられる物があるのは頼もしいですし、手すりを掴みながら室内を自由に歩けるようになるので、気持ちの面で塞ぎ込む事が無くせる上に、下半身を中心とした筋力の低下を防ぐ事に繋がります。
選択する手すりの種類や下地の様子、長さの合計により費用は大きく異なりますが、一般的な住宅の事例では10万円を超える事は稀です。

 

そして介護が必要になると、かつては気にも留めなかった敷居などの小さな段差でさえ躓き転倒してしまう恐れが高まり、車椅子を使用していると別の部屋に移動する事すらままなりません。
車椅子を押してあげる方においても身体に負担が生じてしまいますし、敷居という小さな段差があるが故に要介護者から一切目が離せなくなり、そうした精神的な負担は後に大きな代償となり現れます。
そのため、各部屋毎に段差があるのならリフォームの段階で全てフラットにする計画を盛り込むと、著しく介護に纏わる負担が小さくさせられます。

 

ただし、手すりのように後から追加で取り付けるというわけではなく、既にあるものを無くす事になるので比較的リフォーム費用は高額になり、6帖につき10万円台前半から提供されている事が多いです。
完全にフラットにする事はできないものの、緩やかなスロープでも問題無いのなら一箇所あたり1万円以内で十分耐久性があるスロープにする事も可能です。
このように介護のリフォームは手で掴める取っ手の取り付けと段差の解消がポイントになり、身体が不自由になっても自分で行いたい浴室やトイレは特に万全なリフォームを施しましょう。

リフォームの介護支援補助金について

介護リフォーム費用

社会環境の変化と共に、家族の住まいも変えていくようになってきています。自宅での介護も検討しているのであれば、住み慣れた我が家の老朽化という理由だけではなく、両親や年齢を経た自分たちが生活しやすいかどうかを考えながらリフォームをしていくと言うのも大切な要素です。

 

住みやすい家にしていくために介護のためのリフォームを行うのも当たり前になりつつありますが、資金の準備が負担になることも少なくありません。そんな時には介護支援補助金も上手く利用していくことで、かかってくる費用の軽減をすることができるので利用できるかどうかをチェックしていきましょう。

 

いくつか種類がありますが、まずは40歳以上になっていたら介護保険を負担していますが、条件を満たしている改修を行う際にはこの保険が適用できれば負担の軽減ができます。介護認定を自治体から受けている必要があることや、補助金を受ける対象の住宅は介護を受ける本人が住んでいる住宅であるなど、詳細を自治体に確認しながら利用を検討してみて下さい。

 

それ以外にも、各自治体で独自のバリアフリーのための助成金があるので、リフォームを進めていく前には確認しておくと良いでしょう。支給額や支給のための条件は済んでいる自治体によって違っていますので、役所やホームページを見て確認し、必要に応じて問い合わせて使えるなら利用しておくことで資金にも余裕が出てきて作業もしやすくなるのではないでしょうか。

 

介護のために必要な改修と言っても、どんな施設であればいいのかというのは一概に当てはめて決めることはできません。介護支援補助金を使えるのかどうか悩む時には、諦めるのではなく問い合わせてどのように使うための改修なのかを業者や役所と話し合っていきましょう。事前に打ち合わせをしておく事で補助金が利用できなかったと言うトラブルも防ぐ事ができますので、安心して生活に必要な設備のリフォームを行えます。

バリアフリー・介護のリフォームを依頼する際の3つのポイント

介護リフォーム相場

体の不自由な人や高齢者が安心して暮らすことができるように使いやすくて安全な家にリフォームする人が増えています。早めに備えることで将来の暮らしにくさやけがなどを予防することができるだけでなく、現在の生活も安全性が高まるためにバリアフリー・介護リフォームをすることはおすすめです。バリアフリー・介護リフォームをする場合にはポイントをおさえて一度に行うようにすることをおすすめするので依頼する際のポイントをおさえておくことが大切です。

 

バリアフリー・介護リフォームをする場合のポイントは、危険な個所の安全性を高め快適に暮らすことができるようにすることです。冬場に温度差があることで体温や血圧が急激に変化することで起こるヒートショック対策は、初めに考えておきたいポイントになります。高齢者はもちろんですが若い人でも体温や血圧の急激な変化は思わぬ病気や事故、けがの原因になります。特に浴室やトイレはヒートショックを起こしやすい場所なので、断熱性が高い素材の浴室リフォームを行ったり、脱衣所やトイレの断熱やヒーターの設置などを考えてみることをおすすめします。
次に考えて欲しいポイントが大きな段差をなくしたり、手すりを付けたりすることです。体の動きが小さくなり柔軟性も衰えてくるとバランスが悪くなり転倒のリスクが上昇します。階段はもちろんですが玄関やベランダ、浴室やトイレなどひざを曲げる動作がある場所や滑りやすい場所の大きな段差を解消したり、手すりを付けて体を支えることができるようにしましょう。廊下やドアの前など移動距離が長い部分や力を入れる動作がある部分にも手すりを取り付けることもおすすめです。

 

リフォームを依頼するときには、バリアフリー・介護リフォームを専門的に行っている実績がある施工会社に依頼することも大切なポイントです。実績があり経験豊富な施工会社に依頼することで経験やプロの知識に基づいたアドバイスをもらうことができるだけでなく、介護保険や補助金などについて相談することができるのでバリアフリー・介護リフォームの実績豊富な会社を選ぶことをおすすめします。

バリアフリーにする場合、介護リフォームの優先順位は?

介護リフォーム一括見積

親への恩返しを兼ねて共同生活をする場合において、これから先の両親のことを考えて介護をしやすいようにリフォームによるバリアフリーを考えたいところです。バリアフリーをすることによって手足が不中になっても過ごしやすい環境を作るだけでなく、長い間家に住むことを考えてけがや病気のリスクを考えるとよいことです。

 

しかしバリアフリーのためのリフォームを考えた時にネックになるのがリフォーム代金です。バリアフリーのリフォームは段差をなくす工夫だけでなく、2階建てであれば車いすを運べる小型のエスカレーターやエレベーターそしてスラロームの設置などが該当します。しかしいくら介護のために必要だといっても、あれもこれも必要という形ではやっては予算不足に陥るのが関の山です。そこで最低限必要な介護リフォームをするべき点だけを抑えて、その後建てた後に再びリフォームするということがよい方法です。

 

まず最初に介護リフォームの優先順位で最初に行うべきは、やはり生活の中で必ず利用するポイントであるトイレです。一般的にトイレの場合行うのは足腰が弱っても立てるように手すりを付けることですが、ただ介護を考える場合においては、手すりだけでは補助しきれないです。そこでトイレの空間を2人分はいれるように改築するとともに、手が弱っても大丈夫なように引き戸にしたり押しボタン式の洗浄ボタンにするなどです。次に行うべきポイントは浴室です。お風呂はとてもゆっくりできるスペースですが、その反面床が滑りやすいと転倒して命にかかわる事態にもなりかねないのと浴槽が深いと簡単に立ち上がれないことが考えられます。そこで浴槽は滑り止めの床材にするだけでなく、しっかりと手すりをつけることや浴室と廊下の温度差を無くすために暖房をつけることをお勧めします。最後に行うべきポイントは玄関です。玄関には段差があるのですが、これは日本は高温多湿の気候が長いので家の土台を腐らさないようにしています。しかしこの段差は足腰が弱った人間にとってはネックであるため、例えば段差を乗り越えるスロープを設置と手すりを取り付けると良いです。

介護向けリフォームの平均費用

介護リフォーム依頼

介護しやすいように家をリフォームするための平均費用は行う場所によって変わってきます。手すりを取り付けたり浴室やトイレや玄関などをバリアフリーにするのが代表的な改装です。こういった場所は手すりの取り付けで10万円未満で、トイレのバリアフリーが10万円から20万円で浴室と玄関は20万円から30万円が平均相場になります。使う材料やその家の違いによって差が出てきますが、今ではホームページから簡単な見積もり依頼が出来ますからいくつかの業者を比較することも簡単に出来ます。

 

これらの費用は業者によって必要経費が変わってくるのできちんと見積もりを取って複数の業者を比較するのが賢い方法です。介護リフォームに関しては費用を抑える方法があるので賢く利用する事が安く済ませるコツです。それは介護保険制度や各市町村の助成金制度を利用する事で、使える条件に当てはまれば工事費の10パーセントで行う事が出来ます。それは要介護認定者であることと20万円以下のリフォームであることと、支援対象のリフォームであることです。支援に関しては細かい規定がありますからなんでも出来る訳ではないので、まず市町村の役所などに相談をする事が大事です。リフォームに関しては介護が必要な人にとって一部分だけ行ったり、中途半端に行ったことによりあまり使い勝手が良く無くなってしまう場合もあります。

 

一軒家やマンションでも金額は変わってきて、トータルで使いやすくするための平均費用は一軒家で200万円以上でマンションの場合は130万円程度かかるという統計も出ています。平均的な価格帯以外の1000万円以上かかるようなリフォームも2割以上の割合であり安い価格帯と大きく別れている傾向があります。中心になる価格帯は400万円から500万円ですが、ウェブページでは各価格帯のリフォーム後の写真を掲載してある場合もあるので参考にする事も出来ます。補助金と業者の見積もり比較が非常に重要です。